娘と3人での想いでの場所での釣りをした休日

長女が成人し、24歳になった今、何故か釣りにハマり、『釣りガール』になっています。娘はいつも、会社の仲間の人たちと釣りに行っています。私も以前末っ子の娘を交え、釣りに行った事がありました。その日もそれなりに楽しかったのですが、今回は長女が私と嫁を誘ってきました。ほぼ半日の釣りなので、近場に向かいました。

釣り場に着くと早速3人で釣りを始めました。この場所は娘達が幼稚園から小学校時代に良くアサリを掘りに来た場所でした。長女が覚えているかどうかを確かめることなく釣りをしていました。

私は適当に楽しみ、嫁は釣れないと、貝殻や綺麗な石を拾っていました。長女は投げる場所を変えたり、いろいろ考えながら熱心に釣りをしていました。釣り歴45年の私は、今日の潮で、このポイントで全く当たりが無い状態は、まず釣れないとふんでいました。

やがて釣りをしていると、続々と親子連れがやってきました。昼時なのでお弁当などを持ってきているようでした。アサリは近年激減し居なくなったので、さすがにアサリ掘りはしていませんでした。そんな光景を見ていると、この長女が小さい頃ここで遊んだことを思い出しました。嫁も同様で、私に昔の話をしてきました。

その時、長女が『ずっと前にここに来たね』と言い出しました。思い出したようです。そしてアサリを掘ったことや、ワカメを採ったことも話し始めました。自分が大人になったら、見る風景が変わったとも話しました。
十数年以上経って、同じ親子が同じ場所に来ているという状況に、不思議な思いになりました。魚は釣れなくても家族の絆を再確認したようでした。

更に当時は私の運転で来たのに対し、今回は長女の車の運転でした。
今回の釣りで、自分は娘達が小さい頃、色々な場所に連れて行って遊んだことが間違いではなかったと思いました。嫁も同様だと思います。当時は波打ち際で遊ぶ娘を監視ばかりしていた嫁が、自分の思うままに海辺を楽しんでいました。

親子3人での半日の釣りは、とても感慨深い思い出になりました。

10代女性のバストサイズに悩んでいる方へ

こんにちは。高校生や大学生になると、彼氏ができたり美容に興味が出てきたりしてバストサイズに悩む人が多くなると思います。

私もその一人でした。高校生になり、周りの人の方がバストサイズが大きいことに気づきショックを受けていた毎日でした。

この記事を読んでくれている10代の方も同じように悩んでいる方が多いと思います。私個人のお話になるので、サイズアップに関しては個人差が出てきてしまうかもしれませんが、私が悩まなくなった理由をお話ししたいと思います。

まず始めに取りかかったのは、バストアップのためのマッサージと体操です。学生だとサプリなどにお金をかけたくはないと思います。そこでネットで調べたバストアップマッサージや体操を片っ端からやっていきました。

初めはなかなかサイズが変わらず、挫折しそうになりました。しかし、続けていくと1週間程で大きくなってきている…!?という感覚になりました。よくテレビなどでは1週間でワンカップ上がりました!とやっていますが、私の場合はワンカップどころか半カップも上がっていなかったと思いますが…。でも、少し大きくなったのは確実でした。

それから嬉しくなって1ヶ月ほど毎日続けると、ようやくワンカップほど上がったような気がしました。やっぱり、諦めずに続けることが大事なんだと思いました。

サイズが上がったなと思いだし、次に行ったことはちゃんとしたサイズの下着をつけよう!ということでした。

私は母に言われたサイズのものしかつけたことがなかったのですが、きちんとしたサイズをつけることでバストアップになる!というネットの記事を読み、鵜呑みにして買いにいきました。

購入して着け始めて1ヶ月程、なんとサイズが…上がりませんでした。。でも、バストの形がすごく綺麗になりバストが大きくなるよりも効果があったのかも?と思いました。

以上、私の体験談でした。
バストアップのためのマッサージと体操、きちんと自分のバストのサイズにあった下着をつけることしか実践してないですが、20歳を過ぎた今、10代の頃から続けてきてよかったなと思います。

私は劇的なサイズアップはしなかったのですが、綺麗な形のバストを手に入れられてよかったなと思います。バストのサイズに悩んでいるあなたも、理想のバストを手に入れられるように願っています。